第15回 国際ソロプチミスト神戸東クローバー賞
受賞者:認定特定非営利活動法人「阪神淡路大震災1.17希望の灯り」
(代表理事 藤本真一氏)

阪神淡路大震災で亡くなられた方々とご遺族のために慰霊モニュメント「希望の灯り(あかり)」を建立し、その灯(ともしび)を絶やすことなく被災者に寄り添い、震災の記憶を世代を超えて語り継ぎながら、その経験から得た知恵を未来につなぐ活動を続けておられます。さらに近年では、「寄り添う」「伝える」「備える」をキーワードとして『『1 月17 日を過去を悲しむだけではなく、未来につなげていく日にしたい』と国内外の災害に発信できるSNS などを利用したネットワークつくりや、教訓を伝え災害を支援する活動もされています。私達はその活動に深く感銘し、その功績を讃えるとともに、益々のご活躍を祈念しまして第15回国際ソロプチミスト神戸東クローバー賞をお贈りしました。


卓話「社会の変化とこれからの奉仕」
2019/11/21(木)


前年度「クローバー賞」受賞者一般社団法人New-Look代表理事山口真史氏によるクラブ内卓話「社会の変化とこれからの奉仕」を開催しました。 今後を担う若者達への支援の重要性のみならず、支援内容の多様化を改めて認識する機会を得ました。


第14回 国際ソロプチミスト神戸東クローバー賞
受賞者:山口真史氏(一般社団法人 new-look 代表理事)

山口さんは一般社団法人「new-look」の代表理事として、引きこもりや不登校、非行、経済的事情などで中等・高等教育のドロップアウトを経験した子どもたちの進学、就労の支援を行っています。
自身も工業高等専門学校の中退を経験され、その後、私立高校社会科教員として担任、学年主任などを歴任した後、2013年に退職し、本団体を設立されました。
主に高校中退者の学習支援を行う「TOB塾」の事業、中退経験のあるひとり親の学習支援や若者たちの声に耳を傾ける夜回り活動、歓楽街で働く人の高卒認定取得を応援する夜間訪問学習など、自身の人生をかけて若者の将来と向き合い、支援を続けておられます。


特別養護老人ホーム「甲寿園」第33回訪問
2019/06/15(土)

特別養護老人ホーム甲寿園訪問も活動を始めて33回となりました。
梅雨のひと時の晴天に伺う事ができました。
宝塚演奏家連盟による演奏からはじまり、芦屋学園高等学校の生徒さん達の演奏等々親しみのある演目に入所者の方々も懐かしそうに歌っておられました。
豊来家玉之助さんの太神楽曲芸は、縁起のいいお目出たい芸ばかりで、特に興味をもたれとても楽しんでおられました。


チャリティー上映会「さとにきたらええやん」
2019年5月25日(土) 上映会開催

芦屋市保健福祉センター多目的ホールにておよそ180名の方にお越し頂き開催しました
釜ヶ崎で38年間子供たちの集いの場「こどもの里」を主宰しておられる荘保さんもお越し
くださり有意義な時間を過ごすことができました


「芦屋学園高等学校 Sクラブユース・フォーラム2019」開催
 

    2019年5月13日(月)
     芦屋学園 体育館



 「第19回芦屋学園高等学校 Sクラブユース・フォーラム」を開催いたしました
 「20年後のあなたと対話する」をテーマに9名の代表生徒にそれぞれの想いをスピーチして
  いただきました


チャリティ上映会 「さとにきたらええやん」
2019年5月25日(土)
13:30〜15:00(開場13:00)

私たちクラブが永年支援しております
釜ヶ崎の「こどもの里」を舞台とした映画
「さとにきたらええやん」上映会を開催いたします

会場:芦屋市保健福祉センター多目的ホール (芦屋市呉川町14-9)
主催:国際ソロプチミスト神戸東
入場無料(要入場券) お問合せ:FAX0797-32-9900 ☎0797-32-8200


Sクラブ活動報告親睦会
2018年12月13日 芦屋学園高等学校にて

生徒達の様々な分野での活動体験をきくことができました。
ボランティア活動を経験して感じたことをしっかりと自分の中で確立していて感心しました。
また将来の夢や、なりたい職業、その理由なども聞くことができて
大変有意義な会でした。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
「国際ソロプチミスト神戸東」ホームページへ
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61